シャンプーから考える育毛に良い環境づくり

   

育毛 シャンプー
昔に比べて髪のボリュームがなくなった、分け目が目立ってきたといったように髪の毛に関する悩みを抱えている方は少なくないと思います。

育毛するには育毛剤を使うべきなのかもしれないけれどまだ早い気もするし、どんなものを使ったらよいのかわからないということもあるでしょう。勿論育毛剤を使用することも有効ですが、まずは育毛に良い環境づくりをすることが大切です。

育毛に良い環境づくりをするためにはまずシャンプーの方法を見直してみましょう。

薄毛の原因は頭皮の汚れが原因だからといって、爪を立てて執拗に頭皮をこするのは頭皮を傷つけてしまう危険性があるのでよくありません。

シャンプーを手のひらで泡立てて指の腹でしっかりと洗うようにするのがおすすめです。なかなか思うように泡立たたないのであれば洗顔に用いられる泡立てネットを使うのもよいですね。

そしてしっかり流します。シャンプーが残っているとそれがまた頭皮の環境を悪くするきっかけになってしまいますし、背中ニキビなどの原因にもなりかねないためすすぎ残しがないようにしましょう。

ちなみにシャンプーをする際にはお湯で髪を濡らす前にブラッシングをして汚れを落としておくとなお効果的です。

コンディショナーを使用する際には頭皮につかないように気をつけ、きちんと流しましょう。勿論頭皮用コンデショナーの場合はこの限りではありません。

髪の毛の乾かし方も気をつけてみると良いですね。強くこすらないように、髪の毛をタオルで押さえつけるようにタオルドライをして水分を取り除いてから、ドライヤーで乾かします。

ドライヤーは髪の毛に長時間当たらないように、タオル越しに当てたり揺するようにして当てるとダメージが少なくなります。

シャンプーを考え直すのも良いでしょう。頭皮を優しくケアしたいのであれば洗浄力が比較的マイルドで、洗い上がりの頭皮が乾燥し辛いアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

シャンプーのついでに頭皮マッサージをすることも育毛に良い環境づくりには有効です。頭皮マッサージをする際もシャンプーのときと同様で、爪を立てたりせずに指の腹を使って程よい力でもんであげましょう。

また、長時間行ってしまうと頭皮を傷つけてしまう可能性もあるため、一日五分程度を目安に行うのがおすすめです。

育毛剤は敷居が高いという場合でも、シャンプーに関することを見直すだけならばすぐに行うことができます。

まずは洗い方やシャンプー自体を見直してみて、徐々に髪の毛に優しい環境づくりを始めていきたいものですね。

 - シャンプーを考える